メガネくんのブログ

何となく日々思ったことを書いていくブログです。教育や本の感想なんかも書いてます。表紙の画像は大体ネタです。

僕はコカ・コーラを楽しみにしているのか、それとも我慢してコカ・コーラを飲むというシチュエーションを求めているだけなのだろうか

f:id:megane_kun_ha107:20210731195610j:image

 

久しぶりにコーラを飲んだ話。

今日は無駄にブログを書いている。

 

前にもブログで書いたのだけれども、炭酸飲料を飲み過ぎて甘味を感じなくなっている自分に気付き、炭酸をしばらく絶って久しぶりにコカ・コーラを飲んだらめちゃめちゃ美味かった。

甘味の犯罪的な、暴力的な、悪魔的な - メガネくんのブログ

 

今日は両親や妹家族と集まるイベントがあったので、今日飲むために2週間程炭酸飲料断ちをしていた。

我慢して溜め込んだモノを解放する。

カタルシス

その解放感は半端ない。

 

 

面白いモノで、最初は健康のために炭酸飲料を絶っていたのに、我慢して我慢した状態で最高に美味しいコカ・コーラを飲むことが目的になりつつある。

炭酸飲料を絶っているのに、毎日アイスやお菓子を食べているのがその証拠だ。

手段が目的にすり替わってしまっている。

 

妻からは「千鳥のガマン飯みたい・・・」という微妙なコメントを頂いているが、このガマン飯ならぬガマンコーラにちょっとハマりつつある自分がいる。

 

 

考えれば大学受験も合格することが目的で勉強はそのための手段だったはずなのに、いつしか電車の中で山川出版の『書き込み教科書』を読み、塾の講義で学んだことや過去問、模試などの問題で得た知識を書き込み、それをまた読むことが目的になっていた。

日本史Bをやり込んでも上がる点数は僅か、というか数点の失点を防げるかどうかくらいで、センター試験当日に爆死した数学に少しでも時間を割いた方がどう考えても合理的だったのにも関わらずだ。

お陰で大概の問題を見ると、「あ、これは書き込み教科書のあのページに載っていたな」なんで思い出したし、時間が無駄に余って日本史Aの問題も解いていた。

 

 

ラーメンを純粋に好きで食べていたはずが、いつの間にか自分の舌ではなく他人の情報に行く店を左右されるようになる。

好きで描いていた絵が、いつしか評価されるために他人にウケる絵を描くようになる。

善意からボランティアをしていたはずが、いつしか感謝されるためにボランティア活動をするようになる。

人間には思いもよらない深層心理があって、そのせいでいつの間にか手段と目的がすり替わってしまうことがある。

 

僕は試されている。

 

純粋にコカ・コーラを愛しているのか

それとも

我慢して我慢してコカ・コーラを飲むというシチュエーションのためにコカ・コーラを道具にしているのか

 

僕は試されている。

 

利用者と支援者という固定観念の枠を取っ払う

f:id:megane_kun_ha107:20210731212749j:image

 

「ソーシャルファーム(NPO法人コミュニティシンクタンクあうるず)」という本を読んだ。

 

その前にもソーシャルファームに関連する本を読んだのだけれども、平たく言うとソーシャルファームは、障がい者の就労で言う、企業(障がい者枠雇用を含む)と作業所(就労継続支援や生活介護施設)を繋ぐようなイメージ。

それと障がい種別に囚われず、身体や知的、精神といった障がい種別を超えたり、母子家庭や生活貧困、受刑満了者などもっと幅広い人が共に働くイメージ。

 

いわゆる作業というところには、学生時代から縁があったのだけれども、どうしても障がいのある利用者とそれを指導する職員(支援員)みたいな関係性があったし、そういうものだと思っていた。

でもソーシャルファームの本を読んでいくうちに、その関係性って当たり前じゃないよねと思うようになった。

障がいのある人もない人も同じ組織の一員として、働く様子が描かれていた。

コペルニクス的転回

考えてみれば当たり前の話だ。

今ある作業所という固定観念の枠にとらわれていただけで、いろんな働き方ができる、そう自由に。

補助金ありきで、利用者が出席する日によって得られる金額が変わるから…という枠を意識し過ぎて、自由なはずが雁字搦めになっていた。

利用者が支援者と一緒に働く、場合によっては利用者が支援者に教える。

そんな関係があることは自然なはずなのに、いつの間にか考えからはなくなっていた。

 

「自立とは一人で何もかもができるようになることだ」

「授業は一斉に講義形式で進めるものだ」

 

そんな考え方に根拠はない。

少なくとも僕は一人では自立できていないし、一斉の講義形式はすでに古いものになりつつある。

ソーシャルファームのように、子どもたちが僕たち教員に教える形があったっていいんじゃないか。

全ては自由だ。

 

少なくともそうでない在り方を知っている僕は、そんな考え方=常識が、実はただの固定観念であって、それ以外の方法をとることも自由だとわかっている。

そんな風に固定観念の枠を取った先に、いろんな可能性があるんだろう。

 

もう一度言うが、全ては自由なのだから。

ちょっとチルってみてもいいんじゃない?

f:id:megane_kun_ha107:20210721163251j:image

 

夏休みに入ったけれど、会議や研修やらシラバスやら片付けやら「ちょっとこのパソコンの画面が…」と声をかけられたりでなかなか仕事が進まない。

2学期の授業準備を粗方終わらせてしまうというのが目標なのだけれど。

思ってた通りに夏休みを有効活用できた経験は今みでないので、予定通りにコトが進むなんて甘っちょろいことはもちろん考えてなかったんだけれども…やろうと思っていたことが、なかなか進まない。

 

 

転勤2年目。

ぼちぼち仕事は増えてくる。

なんとなくの雰囲気も掴めたので、自分でやりたいこともある。

多分、しばらくはこの職場にいるので、改革…というほどでもないのだけれども、先々にみんなで楽をするための種をまきはじめてる。

多くの人といい関係で仕事をするために、子どもたちのことでいろんな意見が出たときにこちらの話を聞いてもらうために、率先して汗をかかないといけないなという思いもある。

何もかもをやるためには時間が圧倒的に足りない。

 

なんて焦る気持ちはあるのだけれど、

先のことは気になるけれど、

 

ぼちぼちじゃないと長続きしないなとも思う。

頑張り過ぎて体調悪くしたら元も子もないしね。

 

なんて焦りがちな自分におしとどまるよう言いきかせる。

本当はもっと効率よく他人に仕事を振れたらいいのだろうけれども。

 

まぁそれも含めてぼちぼちと。

 

最近は頑張ることだけじゃなく、心と身体に余裕とゆとりを持つことの大切さを意識することが多い。

すごく生真面目な子にボケとツッコミのレクチャーをしたりなんかもしている。

ちょっとユルイ関係性を他人と持つことができるのは、心のゆとりに繋がる。

失敗したって大丈夫だよという空気感を共有できることで、子どもたちは(もちろん大人も)安心してチャレンジできる。

 

なんてそんな深いところまで考えてる訳じゃないんだけれども、

ゆっくり、

まったり、

のんびり、

チルってみる時間って大事だよねというお話でした。

 

みたいな言い訳をしながら、きっとまた職場でこっそりパルムを食べてコーヒーを飲む時間をつくってます。

 

 

回らない組織や失敗を個人だけの責任にしないために

f:id:megane_kun_ha107:20210727082043j:image

本の感想。

『「かまってちゃん」社員の上手なかまい方(大野萌子)」』と『心を折る上司(見波利幸)』という本を読んだ。

 

近年少子高齢化の波が学校業界にも広がり、講師不足が問題化している。

どこの現場でも同じかもしれないが、「講師探してるんだけどいい人いない?」「技術の免許持ってる知り合いはいない?」なんて管理職からの問い合わせや「なんで代替講師がいないんだ」「この講師の人はしんどい、なぜ一から全部教えないといけないんだ」「仕事の偏りが多すぎる」みたいな現場の声がネット上でも現実でも溢れ出さんばかりだ。

授業で少子高齢化の話を子どもたちにしているんだから、その波が自分たちにのところにもくるのは当たり前のはずなのに、いざ足元までこないと気付かない現状…テレビで見ている台風を見学に行くようなこの現象はなんとかならないのだろうか。

 

早い話が人手が足りないのだから、いい人が来るような好条件を出すか、今いる人たちを戦力に育て上げるか、辞めていく・休んでいく人をすくなくするか、少ない人で回せる仕組みづくりをするかみたいな方策を打つしかないのだろう。

残念ながら今の教育業界で「やりがい」以外の面で魅力をアピールするのは難しそうなので、必然、組織力的なものをあげていくしか道はないのだろう。

 

そうなったときに、部下や同僚のマネジメントや業務の簡略化、システム化、マニュアル化は欠かせない。

マネジメントといっても「管理」ではなく、「育成」という意味で、だ。コーチングといってもいいだろう。

教員という仕事は、業務が数値で表しにくくまた見えない仕事が山のように降ってくる。

学校ないだけで完結できないトラブルも多い。まぁなんでもかんでも学校内だけにする必要はないのだけれど…。

 

そして教員業界では、教員は個人事業主みたいなポジションにもなる。クラスや校務分掌内はその人の王国…とまではいかないかもしれないけれど、他の教員が入り込みにくい世界になることが多い。

なので、子どもが荒れるとき、保護者の対応が上手くいかないとき、行事が上手く回らないときになどに個人の責任が問われる。

でも、「最近の人は…」なんて個人の責任にして完結していられる時代はもう終わりだ。

だって質の高い人は集まらないだろうし、そもそも頭数すら揃わない可能性がある。

そうなってきたときに、今までのやり方にしがみついて踏襲し、真綿で首を絞められるようにじわじわ苦しむ状況の中で不平不満を言い続けるような職場にはいたくない。

だったら、個人の質に期待しない、言い方は良くないけれど質の悪い人でも回せるシステムをつくっていかないといけないんだよなぁ…

と思いつつ、目が飛び出るような訳の分からない今月の処分一覧を見て「きっつー、やっぱ無理かも」と思う今日この頃。

心はいつも全力少年

f:id:megane_kun_ha107:20210725134349j:image

この連休の出来事を振り返る。

 

 

今日は実家で我が子と姪甥とプールと水鉄砲で遊んだ。

4体1の圧倒的不利な状況。

もちろんかけられたらかけ返す、倍返しだ。

服はびしょびしょ。

耳の奥にすごい勢いで水が入る。

疲労困憊で昼からは爆睡だ。

 

昨日はリンゴ飴をつくった。

食紅なんてコレ以外に使い道があるのだろうか。

リンゴ一個に上白糖200グラムも使った。

160度を維持するために調理温度計のプラスチック部分が溶け出す。

見た目は完璧。

でも子どもによる味の評価はイマイチで、大量の飴が余った…舐めても舐めてもなくならない笑

 

毎日のお絵かき&工作タイム。

子どもそっちのけで自分も絵を描く。

お陰で床の上はノリでベトベト。

洗面所は絵の具でカラフルに。

机の上に刻まれたマジックの線は消えることがない。

 

その前の日は公園で虫取り。

クソ暑い中網を持って草むらを走り回る。

バッタもトンボもチョウチョも捕まえてやった…セミは高すぎて網が届かなかった。

せっかく捕まえたムシを2歳の息子はビビって手を出さない。

 

2歳の息子とお手伝い練習。

息子と一緒にお米を洗う

収穫したミニトマトと息子がすりおろした玉ねぎでトマトケチャップをつくる。

息子と一緒にお風呂掃除をする。

 

夜は寝ない子どもたちのために妖怪へそベロベロとこちょこちょお化けが出動。

効果音アプリで叫び声を連呼していたら、興奮しすぎて全然寝なくなってしまった…。

そして夜中の2時に目覚める息子…。

 

 

正直、もう若くはない。

10代の頃のエネルギーはない。

お腹も出てきた。

でも「あの頃の僕らはきっと」なんて言わせたくない。

いつまでも全力少年でいたい。

子どもたちと全力で遊べるのなんて、もうあと少ししかない。

我が家の全力少年少女と付き合うために。

もうちょっと…もうちょっとだけ(身体的にはギリギリだけど)全力少年でい続けたい36歳の夏。

カラダ、頼むからもってくれよ!!

f:id:megane_kun_ha107:20210725194130j:image

不自由な旅の思い出『ライフトラベラー』

f:id:megane_kun_ha107:20210725133353j:image

 

「ライフトラベラー 人生の旅人(喜多川 泰)」 という本を読んで思ったこと。

 

旅の話かと思いきや人生の話。

いや、LIFE IS JOURNEYという言葉もあるし、人生は旅みたいなものかもしれない。

 

「…ぼくがきみに経験してほしいのは、ほとんどすべてが<自由>な<不自由な旅>だ。そんな旅こそ、きみの人生を変えてくれる旅になる」

学生時代に行ったボランティア旅行を思い出す。

前日のバイク事故。

聾で車椅子のおじいちゃんと2人で行ったグアム。

英語もカタコト、手話もカタコトの中での同時通訳。

突如要求される日本食レストランや中華レストランをホテルの受付で書き出す。

エレベーターのない水中水族館。

抱えながら、足で浮き輪を蹴りながら向かったビーチ。

手伝ってくれた刺青のお兄ちゃんたち。

一番初めに案内されて搭乗し、一番最後に案内されて皆と違うルートで降りていく。

夜中に抜け出して行った本場のマクドナルド。

同じくこっそり夜中に抜け出して選んだおみやげ。

 

予想外のことだらけの不自由な旅は、なにものにもかえられない思い出、経験になっていた。

多分、パッケージツアーではできないであろう経験。

 

でも自由というのは大変なものだ。

何かを選ぶということは、他の何かを選ばないということだ。

何かを選ぶということは、それを選んだ結果を自分で受け止めるということだ。

 

 

でも、ほんとうの意味で〈働く〉というのは、〈経験〉をお金に換えることなんだ

僕は働くときに、自分の時間をお金に変換しているのだろうか。

それとも僕にしかできない経験をお金に変換しているのだろうか。

もとは他の誰かの経験でも、自分で消化し、自分の言葉で語れる経験にできていればいいなと思う。

そうやって経験にするためには、自分で選んで自分で決めてきたものを積み重ねていく必要があるのだと思う。

 

不自由な旅の行く末に想いを馳せながら。

トムソーヤのペンキ塗りのように

f:id:megane_kun_ha107:20210724093907j:image

 

昔々の話なのになぜか記憶に残っているシーンがいくつかある。

 

夕食に出たカマスという魚に「なんでカマスって言うのる」と母親に聞いたら、母親は僕の指をその魚の口元に持っていき、ガブっとして「こうやって噛むからカマスやで!」と言ったら勢い良すぎて鋭い歯が指に食い込んで血が出たエピソードとか…。

f:id:megane_kun_ha107:20210724114437j:image

 

このトムソーヤの話もそうである。

他のエピソードはあまり記憶に残っていないのに、このペンキ塗りのエピソードはなぜか覚えている。

 

内容はこうだ。

ペンキ塗りの仕事を頼まれた?トムソーヤは、最初は嫌々ペンキを塗っていたが、いいアイデアをひらめく。

それは口笛を吹きながらいかにも楽しそうにペンキを塗るというもの。

そうやって楽しそうにペンキを塗っていると友だちがやってきて「何をしているんだ?」と尋ねる。

トムは「ペンキ塗りさ、これが楽しくて仕方ないんだよ」と返す。

友だちは「俺にもやらせてくれよ!」と頼むも、トムは「こんなに楽しいことをやらせるなんて…」と返す。

焦れる友だちは「じゃあ小遣い?をあげるから」となんと対価を支払ってペンキ塗りをさせてもらい「おぉこれは楽しいな」なんて言ってる横でトムがずる賢そうに笑うシーンだ。

 

 

最近読んだ本にあった、精神分析ジャック・ラカンの「欲望は他者の欲望である」という言葉を思い出す。

はたまた、5歳の姉と同じことをしたがる2歳の息子も連想する。

 

「面白き こともなき世を 面白く」ではないが、このトムソーヤの発想を活用してみよう。ということで、我が子の子育てに活用してみた。

 

何気ないことでいい。

 

トマトの水やりでも、

食器洗いでも、

お絵かきでも、

お風呂掃除でも、

 

まずこちらが楽しそうにやってみる。

思いっきり、

全力で、

大人気なく、

子どものように、

笑いながら、

 

するとどうだ。

やりたがりのお姉ちゃんが始まると、

真似っこの弟が真似始めて、

二人で取り合うようにお手伝いを始めた。

 

しめしめ笑

僕はトムソーヤのようにニヤリと笑いながら、子どもと一緒にノルマをこなす。